TOPTalk : 対談

「高齢者施設におけるアートの楽しみ方と効果」前編

2018年11月ミーツギャラリーで行われた勉強会、第4回「未来への健康とアート」の講師/間下紗卍さんのお話を再構成し掲載させていただきます。

 
岡本真実さん
 

◎間下紗卍(ましたしゃまんじ)さんプロフィール

space
岡本真実さんspace
だるま作家 
老人福祉施設/春陽苑内クリニック臨床工学技士
1977年 埼玉県川越市生まれ 天秤座 A型
東京電子専門学校 臨床工学科卒業
ミーツアートクラブ会員

 




Facebook
 

本題に入る前に、私がどのような形でアート及び医療に携わっているかを知ってもらうため自己紹介をさせて頂きます。皆様ご存じのダルマは張り子ですが、シェアの80%は群馬県高崎市のダルマであると言われています。そして、ダルマ発祥の地とされている高崎市の少林山達磨寺のご住職より命名頂き、私はだるま作家として誕生いたしました。

岡本真実さん作品

現在は、「未来だるま研究所」の所長として次世代型だるまの研究開発を行うという崇高なミッションをライフワークとする顔を持ちながら、臨床工学技士として約20年前より大学病院、透析クリニック、高齢者施設内の診療所など様々な施設で医療人として微力でありますが医療現場を支え続けて参りました。 臨床工学技士という言葉を今日初めて耳にされ方も大勢いらっしゃると思いますので少しだけ説明させていただきます。

岡本真実さん作品

臨床工学技士法という法律の定義によりますと、「厚生大臣の免許を受けて、『臨床工学技士』の名称を用いて、医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業とする者」です。 もう少しわかりやすく説明すると、人工透析、人工心肺、人工呼吸器、医療用ポンプなど、病院内の電子機器の操作や点検修理、管理を行っています。 また、人工透析においては患者さんに太い注射針を刺すこともあります。

では、そうした現場を自ら体験しながら、私が興味を持ち調べた「高齢者施設におけるアートの楽しみ方と効果」のお話にそろそろ入ります。 医療の現場では、患者さんのストレスを解消する方向に導くことで、症状の改善を認めることはよく経験するし、普段の生活においてもふさいだ気持ちを変えるために音楽を聴いたり、絵を鑑賞したり、自然とのふれあいを求めたりすることはだれにでも経験があることと思います。 また、笑うことで体の免疫機能が改善し病気が快方に向かうこともあり、最近では笑いの効能も真剣に研究されています。 つまり、何らかの方法、もちろんアートとの触れ合いも含めてストレスを解消することが、健康な体を維持する、あるいは取り戻すために役立つのではないかと考えられているのです。

岡本真実さん作品

それでは、「海外での医療とアートの組み合わせ」について、海外に目を向け、イギリスの実際例をお伝えいたします。

@ 「医療環境を改善やするアーツ」は美術大学の教育の一環として、学生が作品制作や参加型プログラムを病院職員との連携で行い、アート系NPO法人が病院の建設段階から医療従事者や建築家・デザイナーと話し合い療養環境を作り上げるなど、様々な形で同様の動きが見られる。 また、病院内にアーツ活動を専門で行う団体が独立して組織され、適切な素養を持つ専門家が雇用され、自ら資金集めを行い様々なアーツ団体と組んだ活動が見られます。

A 「参加型アーツプログラム」は疾病を抱えた人の社交や創造性・感情の発露の受け皿として、諸芸術のクリエイティブな活動に没入させる機会を提供するものであり、企画によっては複数の芸術分野を渡るもの、複数の分類間を横断する者もあり、厳密な分類や芸術の種類は問題視されないそうです。

B 「医療人文学教育」は言葉の通り、医療人だからと言って医学知識だけがあればよい訳ではなく、広い分野の知識を持つことで医療行為を補完する新たな切り口を見つけ、可能性をより高める教育を行う。

C 「Arts on prescription(規定におけるアーツ)スキーム」とは、医療従事者が精神的困難を抱えた人に、クリエイティブな活動を紹介する健康支援サービス、イギリスでは薬を処方するのと同様に一般的だとか。

D 「*アーツサイコセラピー」もイギリスでは大学レベルでの教育方法が確立し、医療行為の一つとして医療制度に組み込まれ発展してきました。

注)アーツサイコセラピーとは?
対話などによる精神療法とは異なり、意思疎通の方法として視覚芸術と言葉を使う。言葉にならない思いや気持ちが無意識にアートへ反映することを利用し、気づきを促す療法で、イギリスでは医療行為として確立されており、アーツサイコセラピストという資格もあるそうですが、アーツサイコセラピーは癒しや自己啓発などとは一線を画すものであるそうです。現時点、イギリスでは以上のように大きく5つの分野で医療とアーツが連携していると考えられます。

注)世界におけるアートの定義 アートとアーツの違いとは?本では、Art(アート)というと多くの場合は純粋芸術のFine Artを指し狭義の芸術分野を指し、海外では、Arts(アーツ)とは「諸芸術」「人文系」を指す。「諸芸術」とは、美術、工芸、演劇、音楽、ダンス、文学など広範囲の芸術を意味する。

岡本真実さん作品

前編の最後は、NASA発の興味深い「宇宙でのストレス解消法」をお伝えしましょう。 宇宙ステーションの中で宇宙飛行士がストレス解消のために行っていることは何だとお思いでしょうか。 地球から離れた宇宙空間という命がけの場所で、失敗が許されない多くのミッションを遂行しなければいけない状況下、宇宙飛行士達には想像を絶するストレスがかかっていると思われます。 これまでの実験で、宇宙ステーションの中で「植物(麦)の成長」を観察した宇宙飛行士のストレスは激減し、直接観察に関わらない宇宙飛行士もリラックスのために時々植物をのぞき込んでいたということが分かっています。

麦の成長は、形態や色彩の変化に富み、成長過程を容易にみてとることが可能であるとともに、順調に育ち、実って穂をつけたりするのを見ることで、クルー全員が同じ喜びを共有できる効果があり、その成長の過程の姿を自らの仕事の順調な経過と重ね合わせことで大きなリラクゼーション効果が得られるのではないかと考えられているそうです。 こうした植物との関わりは、地上の我々にもアーツと同質の効果があるのかもしれません。

後編に続く…

 
岡本真実さん作品
 
(構成・撮影 関 幸貴/画像提供 間下紗卍さん)
Copyright © 2010- Eitaroh Miyajima. All Rights Reserved.