TOPFriends : 友達

Friends : 友達

Friendsには、ジャンルを問わず宮島永太良の友人知人が登場!
毎月、ショートインタビュー、コメント、活動予定をお伝えします。
 

金伊雪さんインタビュー「写真を絵のように!」 前編

 
金伊雪さん
 

・金伊雪(きむいっする)さんプロフィール

金伊雪さん

アーティスト。
1989年2月18日 大韓民国/釜山生まれ 水瓶座 A型。
横浜市立港中学校卒業。
神奈川県立神奈川工業高校卒業。
ArtQメンバー。


Instagram ►    Facebook ►  

 

金伊雪さんが、子ども時代から写真に出会うまでを語った…

宮島通信編集部(以後・M):今日はよろしくお願いします。  最初の質問です。  まず、子どもの頃の夢を教えてください?
金伊雪さん(以後・K):ざっくりですが、物心ついた頃からモノ作りが好きで自分の家を自分で建てる夢がありました。

M:素敵な夢ですね。  では、どんな子どもでしたか?
K:幼い頃から女の子がするお人形遊びとかママゴトとは縁遠く、私は男の子と元気に遊び回り、5〜6歳頃から絵を描き何かを作っていました。

M:何を作っていましたか?
K:今も部屋で額等を作っていますが、おぼえているのは学童に通っている頃に木で鳥の巣箱や刀を作っていました。  これと言った特別なモノではなく、日常に関係したモノを一人黙々と作っていました。

額を作成

M:当時の住まいは?
K:横浜の寿町です。

M:街の中ですね。
K:はい、表現は難しいですが、今よりかなりエネルギッシュで、色々な顔を持った人々が行き交うとても人間的な街でした。  ただ…

M:ただ?
K:小学校2年生ぐらいの時、母の体の具合が悪くなり、東海道線大磯駅前にある養護施設エリザベス・サンダースホームに約1年お世話になりました。

M:サンダースホームに入った時の思いは?
K:そこにいる子たちはそれぞれ事情があって親と別に暮らしていました。  私自身、小さいながら親の大変な状況も分かっていたので、最初はとても寂しかったけれど、すぐ皆に溶け込みました。

窓辺のオブジェ?

M:そこでの生活はどうでしたか?
K:寿町とは違い、それまで味わえなかった自然に囲まれた生活ができたのが良かったです。  きっと今は変わってしまったと思いますが、当時、皆で暮らしていた建物から施設内にある平屋で味のある学校へ通う途中にトンネルがあり、くぐる度に不思議な感覚にとらわれました。  あのなんとも言えない感じ、今も思い出します。

M:サンダースホームでの1年を振り返ると?
K:人生初めて海を見たのは、それ以前に母に連れられて行った静岡県でしたが、やはり大磯では広い海をはじめ、身近に多くの自然に触れられたのが何より素敵な体験でした。  年数で言えば僅か1年だけど、私の中では濃い日々で、何年もいたかのような記憶が頭と体に染み付いています。  あの時、あの環境で過ごすことができたので今の私があると思い、深く心から感謝しています。  だから、今もエリザベス・サンダースホームとは良い関係で繋がっています。

M:幼い頃から金さんは様々な体験を積んでいますね。
K:はい(笑)。

M:少し時代を進めます。 中学校生活の思い出は?
K:小学校からの同級生で、今もプライベートで親密な付き合いがあり、同じArtQのメンバーでもある大野愛と同じ中学に進みました。  そして、二人とも美術部に入ったことで距離はより縮まりました。

金伊雪さん

M:美術部はどうでした?
K:女性でしたが入部時の顧問の先生がかなり熱血で、一言で表現すれば「体育会系美術部」。  例えば、「美術には体力が必要だ」と言われ、何故か学校の外周をランニングされられたし、暑い夏休みはお盆以外ほとんど毎日、朝から晩まで部活、その時のお昼ご飯は家庭科室を使い、全部員持ち回りで自炊。  たまたま私たちの学年に部員が増え、そのうえ活発な子が多く相乗効果で部活動の熱血度もさらにアップした感じでした。

M:具体的な部活動は?
K:絵を描くことから七宝焼作りまで色々やり、凄く楽しかった。だから、今でも先生とは交流があります(笑)。

M:中学卒業後、工業高校へ進んだ動機は?
K:もともと高校進学する気はなく、中学を出たら働きたいなと思っていましたが、高校ぐらいは出ておいた方が良いと周囲から言われ、大野と同じように小中からの同級生二人が神奈川工業高校に進むと聞き、その学校に興味が出てきたので調べてみたら建築科もあり、昔から家を建てたかった私は、「これは良い!」と思い、そこへの進学を決めました。

M:高校生活は?
K:面白かったです。  普通科目は好きじゃなかったけれど、製図、美術、造形とか実習もあったので楽しかったです。

M:まだ写真とは、出会っていないようですね?
K:はい、なんとなく写真を撮り始めるのは高校卒業後です…

次号に続く

 
金伊雪さん作品の前で
 

(構成・撮影 関 幸貴)

「政岡玄ちゃんの音楽便り」第32回

みなさん、お元気ですか? 玄です!
第26回「大岡川桜まつり」政岡玄出演のお知らせ!
日時:
2018年4月8日(日)11:30〜12:00 政岡玄出演!
場所:日ノ出町桜桟橋台船ステージ
最寄り駅:京急日ノ出町駅(徒歩3分)
HP:http://river-sakura.com/

「ボンボリ点灯」2018年3月24日(土)〜4月15日(日)17:00〜24:00
ベネチア号やE-ボートに乗船出来ます。
なお、当日が悪天候の場合はブログ等で内容の変更をお伝えします。

大岡川 桜まつりで

映画『つむぐもの』『きらきら眼鏡』の犬堂一利監督に横浜以来の6年ぶりの再会。  みなさん、応援よろしくお願いします。  短い時間でしたが、監督と楽しく有意義な話が出来ました。  いつか音楽でコラボ出来る日を願って頑張ります♪

犬堂一利監督と渋谷J-POP CAFE

その後、【渋谷J-POP CAFE】へ。
毎週水曜日に開催され話題になったラジオ番組『JOIN LIVE』、『たのしくJOIN しナイト』、あの頃は毎週水曜日に渋谷へ向かい、それからスタジオへ向かう日々を数年過ごしていました。  その大切な仲間達に久々に会いました。 みんなに感謝の気持ちでいっぱいです。 
ありがとうございました。

ちょっと遅めの情報ですが、毎週水曜日 19:30〜20:30放送の「SKY MUSIC RADIO ANNEX」の3月エンディング曲に「Ocean」を流していただきました。  で、次回の「政岡玄の水辺タイム♪」は、3/28(水)19:30〜20:30に放送です。

☆視聴方法はこちら↓
「SKY MUSIC RADIO ANNEX」19:30放送開始時間になりましたら、
・PC  ・Android
https://www.yassawave.com/ のTOPページから、ご視聴ください。
・iOS
http://www.wallop.tv/?page_id=14580 より「専用アプリ」をダウンロードしてください。
旧バージョンのアプリの方は、アップデートをお願いします。

よろしくお願いします!

Love&Peace♪♪(^_^)v  政岡玄 

 

☆HP→http://www.gencrs.com
【政岡玄(Gen Masaoka)】
《世界243各国へ配信〜♪♪》
☆是非☆ ダウンロード&ストリーミングなど聴いて下さいませ♪♪♪
iTunes ►    Amazon ►     

YouTube ►   
【"政岡玄"日本初!水辺ミュージシャンコンサート】
at 横浜(Yokohama)/GEN MASAOKA

【政岡玄Soul&Rock】ブログ♪:https://ameblo.jp/masagen
【Facebook】:https://m.facebook.com/gen.masaoka

ご質問、LIVE/CDお問い合わせは、こちらまで連絡下さい♪
↓↓↓

(文 政岡玄)

Copyright © 2010- Eitaroh Miyajima. All Rights Reserved.